●1973年生まれ。
立命館大学国際関係学部卒業。

●卒業後1年間アジア・ヨーロッパを旅行。
帰国後、整体院で4年半勤務。

●アメリカ・コロラド州ボルダーにあるロルフ研究所
(The Rolf Institute)でロルフィングを学び、
2004年、正式にロルファーとして認定される。

●2007年、オーストラリア・シドニーで
ロルフ・ムーヴメント認定コースを修了。

クレニオセイクラル(頭蓋仙骨)ワーク、
ソースポイントセラピー(SourcePoint Therapy®)プラクティショナー
 私達のどんな行為にも身体が関わり、影響を与えています。身体の状態が変化すれば、私達の世の中の見え方や感じ方にも変化が起き、同じものも違った意味を持つことになります。そう考えると、ほんの少しだと思う変化も大きな違いにつながることが分かります。もし無意識のうちに緊張している自分の感覚で世の中を感じ、判断しているとしたらどうでしょうか。本来のニュートラルな自分で感じてみると、別の可能性が現れます。

 本来設計された身体の機能に近付き、ほんの少し疲れにくくなる、動きやすくなったとしたら、今はそれがほんの少しだと感じられたとしても、数か月、数年、数十年という単位で考えたら、実は大きな違いになることが予想できると思います。今までの自分の癖やパターンを日々強めていくのか、理にかなった、本来の状態に近付く方向に進んでいくのか、という違いになるからです。ほんの少しの変化があれば良いのです。

 身体には自己調整力があります。しかし、私達のこれまでの習慣や、在り方が身体を制限し、健康が発揮されにくい状態にあることが多いのです。自分の日常のあり方、過ごし方に目を向け、すべて頭で考えてコントロールしようとする欲求から離れ、身体(自分)の力を信頼してみることで、本来の力が現れるようになります。身体とは本来楽に動くようになっているのです。

 ロルファーは、何らかの理由で見失っている、その力に気付いていく手助けをします。あくまでも身体が変化するのであり、ロルファーが変化させるのではありません。その変化が起きやすくするために、ロルファーと受け手が協力してセッションを進めていくのです。
  
 ロルフィングを学んでいる時間はとても充実した楽しいものでした。技術面はもちろん、人間性においても多くを学ぶことができる先生や、優しいクラスメートと幸せな時間を過ごせたことを感謝しています。帰国後、学生時代を過ごし、親しみのある関西・京都でロルフィングをしたいと思い、開業させていただきました。

 大学卒業後、1年間アジア・ヨーロッパを旅行していた時に助けてくれた多くの親切な人達、ニュージーランドのオーガニックファーム(有機農家)や、日本の自然農に関わっている時に出会った、自分以外のことも大切に考えている人達、またロルフィングを学ぶ過程でお世話になった人達から多くのものをいただき、大切なことを学ばせていただいたと感謝しています。その流れをここで止めるのではなく還元できるような仕事をしたいと思っています。

 今の私達が感じている、理解していると思っていることがすべてではありません。よく知っているはずだと思っている自分の身体についても同じことが言えます。ロルフィングを通して、存在していた力に気付き、新しい可能性を感じていただけたらと思います。そして本来の自分に気付き、それぞれの世界で力を十分に発揮し、表現していかれることを願っています。

Copyright (C) 2007 Rolfing® in Kyoto. All Rights Reserved.